すくすく育って欲しい!よく眠る赤ちゃんの部屋づくりを考えてみました。

すくすく育って欲しい!よく眠る赤ちゃんの部屋づくりを考えてみました。

突然ですが、赤ちゃんといえばどんな姿を想像しますか?

顔をくしゃっとさせ笑ってたり、かと思えば感情をいっぱいに泣いたり、目を丸くさせ驚いたり、赤ちゃんはさまざまな表情を見せます。

その中でも、スヤスヤと気持ちよさそうに寝ている姿を想像された方も多いのではないでしょうか。

今回は、よく眠る赤ちゃんはすくすく育つ、ということで赤ちゃんがよく眠る部屋作りについてご紹介します。

 

赤ちゃんと眠ること

赤ちゃんはどれぐらい眠るのだろう?そんな疑問を持った方もいるかもしれません。

では、赤ちゃんが1日にどれぐらい眠っているのかを実際に見てみましょう。下の表は、赤ちゃんの睡眠時間を表した表です。

下の表によれば、生後3ヶ月までの赤ちゃんは、1日14~17時間を眠って過ごします。生後1ヶ月の赤ちゃんに至っては、1日に40分程度しか起きていられません。多くの方が赤ちゃんの眠っている姿を想像するのも納得です。

 

【5歳までの睡眠時間の表を挿入】
参考:ママと赤ちゃんのぐっすり本「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」より引用
子どもの睡眠コンサルタント 愛波文著 

 

赤ちゃんの眠りは成長過程にとても重要

では、寝ている間、赤ちゃんにはなにが起こっているのでしょうか?

実は、赤ちゃんは眠っている間、脳を形成しています。脳を形成する、言い換えれば、脳を作り脳の働きを育て守ることです。

少し難しいですね。もう少し分かりやすくご説明すると、赤ちゃんは「眠ること」で、起きている間に見たり聞いたりしたもののいくつもの情報を繋ぎ合わせ、記憶として定着させています。加えて、次の日に活動できるよう脳を休ませています。
(参考URL:https://www.glico.com/jp/health/contents/korekalabodays01/【これかラボDAY】意外と知らない!?赤ちゃんの健やかな成長のための睡眠教室を開講!<全編>)

これからが赤ちゃんの成長過程に「眠り」が大切な理由です。

 

赤ちゃんがよく眠るのはどんな部屋?

赤ちゃんと「眠ること」が重要なのはわかりました。では、赤ちゃんがよく眠る部屋とはどんな部屋でしょうか?
それは、赤ちゃんにとって「快適な環境」であることが前提となります。

快適な環境をあげれば、光や音、部屋の湿度と温度は適切か、安全性は保たれているか、服装は適切かなど気をつけるべき点はいくつもあります。

その中でも、最も注意すべきは「眠る場所」ではないでしょうか。
なぜなら、前の章で赤ちゃんは成長の大半を眠っているとお伝えしました。必然と長く触れ合う場所となる「眠る場所」はとても重要です。

今回は、「眠る場所」の一つとして畳をご紹介したいと思います。

 

 

赤ちゃんと畳の相性が良い理由

どうして畳?と思われた思われた方もいるでしょう。
赤ちゃんにとって、畳がおすすめの理由は、「安心」・「快適」を満たすことが出来るからです。具体的に説明をさせて頂きます。

1.「安心」

安心の理由は、3つあります。

(1)落下の心配がないこと

ベッドやソファは赤ちゃんが落ちるのでは?とママは気が気ではありません。畳ならば、その心配の必要がありません。実際に、多くの幼稚園や保育園がお昼寝スペースとして畳を取り入れてます。
何より、ママも赤ちゃんとともに添い寝が出来るこれが一番ではないでしょうか。

(2)吸湿/放湿効果

畳には、湿気を吸う吸湿効果と空気が乾燥した場合には、畳の内部に蓄えた水分を放出する放湿効果があります。

(3)抗菌作用

畳には、水虫となる白癬菌や大腸菌O157などに抗菌作用があるとされています。

2.「快適さ」

次に「快適さ」をご紹介させて頂きます。
その理由は、い草の香りです。い草は、心をほっとさせるようなとても良い香りがしますが、実は、森林浴のようなリラックス効果睡眠効果を向上させる効果を持ち合わせています。

その上、い草には空気浄化作用があります。他の人工的な敷物に比べると、シクハウスの原因となる「ホルムアルデヒド」や「二酸化窒素」の吸着に優れているとされています。(参考:全国い製品卸商業団体連合会「国産畳表のお手入れ」)

畳は、ママ・パパが赤ちゃんを安心して寝かせることが出来、そして赤ちゃんにとっても快適な環境で「眠ること」が可能となります。何より、お行儀が悪いですが畳でゴロンとするのは大人も子供もとっても気持ちが良いものではないでしょうか。

 

 


 

いかがでしたでしょうか?

金井畳店では、子育てを頑張っているママ・パパを応援するコンテンツをご紹介しております。

「先輩ママに聞いてみました!ハイハイを始めた時に畳にして良かったって本当ですか?!」 は下記よりご覧くだい。

また、赤ちゃんの安心・安全を真剣に考えた畳職人が手作業で作り上げた「置き畳」をご用意しております。
こちらより、ぜひご覧ください。

コメントを残す: