夏本番!暑い夏をペット快適に過ごすために畳を考えてみてはいかがですか?

夏本番!暑い夏をペット快適に過ごすために畳を考えてみてはいかがですか?


今年の夏は、広範囲で例年より気温が高く、暑い夏になると予想されています。
ヒトも「暑い!」と感じるように、ペットも同じく「暑い」と感じています。
これからの暑い季節をヒトとペットが快適にすごすためには、なにが必要かを考えてみました!

真夏でもペットの快適な部屋とは?

ヒトにとって、「快適な部屋」とは湿度が高すぎず、暑さも寒さも感じない状態を保てる部屋ではないでしょうか。
では、ペットにとって快適な部屋とはどんな部屋でしょうか?
快適な部屋作りで大切なことは、3つあると考えます。

  1. ペットの性質を理解されていること
  2. 病気やケガの予防がなされていること
  3. 衛生面に配慮されていること

では、次の章でどうして大事なのかをみていきましょう。

ペットはヒトよりも熱中症になりやすい?

 

みなさん、突然ですがここで問題です。
下の写真をご覧ください。

丸で囲んだ部分は、これからの季節、ペットにとって気をつけるべきことがあります。お分かりになるでしょうか?

 

 

正解は、「熱中症」です。

ヒトにも熱中症があるよう、ペットにも熱中症が存在します。ヒトの平熱が一般的に36〜37度前後だとすると、ペットの平熱は、

  • 小型犬:37.8度~39.2度
  • 大型犬:37.5~38.6度
  • ネコ:38度~39度

となります。

(参考:シリウス犬猫病院)

ヒトよりも体温が高い理由は、犬や猫は体全体を毛で覆われているためです。そのため、過ごしやすい環境づくりが必要となります。

熱中症を防ぐためには? 

ここで、ペットの熱中症を防ぐための注意点を見てみましょう。日本気象協会が配布しているイヌ・ネコの熱中症予防対策マニュアルでは、下記の通り紹介をしています。

  • 風通しを良くしておく。
  • ペットが自由に居場所を選択できるようにしておく。
  • 暑い時期の室内温度は26℃以下にする。
  • 直接日光が当たらないようにする。

(参考:日本気象協会

その他、冷房を使用する場合には直接冷房が当たらないようにする、体を冷やしてくれる場所を作るなどの工夫も必要となります。

暑い夏をペットが快適に過ごすために畳?

ペットが暑い夏快適に過ごすため、どうして畳が良いのでしょうか?
それは、畳が最初に触れた「快適な部屋づくり」の3つの要素を満たすからです。覚えていますでしょうか?

ペットの性質、病気やケガの予防、衛生面の配慮です。

イヌやネコは、突然追いかけっこをしたり遊ぶのが大好きです。また、自ら「快適な場所」を見つけることが上手な動物です。
畳のクッション性はこういった性質をカバーすることができ、い草の香りはリラックス効果がある上に消臭効果もあります。
畳だけでなく、クッション性が高く持ち運びもしやすい「置き畳」などもおすすめとなります。よって、快適な部屋づくりには「畳」が良いのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
今回は、暑くなる時期に備えてヒトとペットが快適に過ごすための部屋を考えました。
金井畳店では、ヒトやペットに優しい「置き畳」をご用意しております。
ぜひ、こちらよりご覧ください。

 


また、「実はとても危ない!フローリングで滑っただけ…そう思ったら大怪我に?大切なペットを守るためには畳?」の記事も合わせてご覧ください。

コメントを残す: