実はとても危ない!フローリングで滑っただけ…そう思ったら大怪我に?大切なペットを守るためには畳?

実はとても危ない!フローリングで滑っただけ…そう思ったら大怪我に?大切なペットを守るためには畳?

はじめに

暑い日に、肌とフローリングの床が触れるとひんやりととても気持ち良いですよね。
ヒトと一緒でペットも同様に気持ちがいい。やっぱり、床はフローリングが1番!

と思いきや、 ペットを飼っている家庭では良いことだけではないようです。
なにも対処を取らずにいたら、後々ペットの大怪我に繋がってしまったということもあります。

今回は、フローリングがペットに与える危険性についてご紹介します。

ペットの多い怪我かまさか・・・骨折?!

ペットの起こる怪我と言えばなにを思い浮かべるでしょうか?
室内でペットを飼っている方が多いのではないでしょうか。

室内でペットを飼っているのだから怪我をする筈がないと思うかもしれません。
しかし、実際は、ペットの怪我の多くは室内で起こっています。

その中でも多い怪我の代表は、異物誤飲・骨折となります。

※2020年1月〜12 月アイペットの保険金額を請求データを元にしたサンプル調査より(参照サイト:https://www.ipet-ins.com/info/24986/)

ペットが室内で骨折?どうして?

遺物誤飲はわかるけど、どうして骨折なの?と疑問に思われたことでしょう!

実は、骨折の原因は「フローリング」だったのです。
ヒトにとって、フローリングは部屋のレイアウトも考えやすく掃除もしやすいため、人気の床材です。

しかしながら、ペットにとっては危険な床材なのです。
例えば、部屋の中で下記のような光景を見かけたり、経験したりしたことはないでしょうか?

  • ペットが突然一人運動会を始めた。
  • 多頭飼いしているペットが追いかけっこをする。
  • ソファやベッドからジャンプする。
  • 飼い主が抱っこをしている時に落下した。

こういったことを部屋で見掛けたり、経験があるという場合には要注意となります。 !理由を次の章で詳しく見ていきましょう!

 

骨折が起こる原因はどうして?

骨折が起こる原因は「滑る」「落下」「子犬・子猫」「高齢化」が挙げられます。!
1つの原因だけなく、いくつか原因が合わさることもあります。

滑る 

長毛種の場合多く見られますが、犬や猫は足の間に毛が生えています。
爪で床を引っ掛けようと試みても、フローリングの場合その引っ掛ける行為ができません
ヒトで言えば、フローリングで生活している犬や猫は、スケートリンクの上にいるようなものです。

落下

ペットを飼っている方ならお分かりかもしれませんが、猫や犬が高いところからジャンプしている光景をよく目にします!

そのせいか骨折になるのを想像し難いかもしれません。
しかし、落下した際にキチンと体勢を整えることが出来なかったとします。

前肢や股関節、背骨に全体重の衝撃を受けることになります。
悪くして、背骨などの神経を傷つけてしまった場合、下半身付随になってしまう危険性もあるのです。

子犬・子猫

実は、骨折した犬・猫の年齢を見てみると60%は1歳未満というデータがあります。
このことから、子犬・子猫の骨は、細くとても脆いものとなっています。

高齢化

高齢な犬や猫は、骨自体脆くなっていることが挙げられます。
些細な衝撃でも、大怪我に繋がり兼ねません。
    以上の理由が骨折の原因となります。

     

     

    ペットを怪我から守るには対策が大事!
    絨毯・マット・畳がペットを守る!

    今までのお話でフローリングの危険性はお分かり頂けたかと思います。
    「骨折」と聞いただけでも痛そう・・・ですよね。
    言葉を話すことが出来ないペットが「骨折」にでもなったらと思うと対策をしないわけにはいきません。

    対策方法としては、「滑りにくい床」「クッション性のある床」を選ぶ必要があります。
    「滑りにくい床」「クッション性のある床」ってなんだろうって思いますよね?

    ここでは、絨毯マットなど3つをご紹介させて頂きます。

    1つ目は「絨毯」です。

    絨毯は、ペットが落下した際の衝撃を抑えることが可能です。
    また、様々なインテリアとも合わせることが出来るという利点があります。
    その反面、長毛種にとっては暑さの原因であったり、お手入れが面倒というデメリットがあげられます。

    2つ目に「マット」です。

    ここでのマットとはホームセンターで販売されているクッション性のマットのことです。
    ホームセンターで販売しているマットは比較的安価で、タイルのように床に敷き詰めるタイプがあります。
    マットのデメリットは、安価なものも多いためペットはもちろん人間にも、害のある製造元や原料が不安要素となります。

    最後に「畳」です。

    畳はクッション性に優れており、い草の香りはリラックス効果があることで知られています。 旅館に行くと畳の部屋にゴロンと横たわってしまうのはヒトもペットも同じかもしれません。

    最近では、ペットと人とが一緒に過ごせるよう、お掃除が楽な素材で作られた機能性が高い商品もあります。

    いかがでしたでしょうか?
    家族のような大切なペットが辛い思いをしている、
    そんな姿を見るのは本当に胸が苦しいですよね。

    飼い主の注意で、ペットの骨折を防ぐことが出来るので今から対策をすることをお勧めします。

    金井畳店では、従来の「畳」とは違った手入れがしやすく飼い主に優しい・ペットにも優しいペット用「置き畳」をご用意しております。

    ペットに優しい・飼い主にも優しい「置き畳」の詳細を知りたい方はこちらよりご確認ください。

     

    コメントを残す: